髪のダメージ

髪のダメージ

髪のダメージの大部分は、毎日の頭皮ケアの間違いにあるんだそうです。特に、お風呂上りの髪の毛の乾かし方に問題のある人が多いんだそうです。

髪のダメージ > 髪のダメージ

髪のダメージを減らす

ヤーマン スカルプドライヤー HC-6T

新品価格
¥18,800から
(2015/9/17 14:17時点)

髪のダメージを減らすには。
髪には、年齢とか、体や精神的な疲れとかが、全部、出てしまうものなんだそうです。 ある程度年齢を重ねると、如実に実感するところですね。
できることなら、そんなダメージとは、無縁な状態でいたいものです。
とはいっても、どうしたら、髪のダメージを減らすことが、できるのでしょうか。そこが、問題なんですね。
そのダメージの大きな原因の一つに、毎日のように行っているお風呂上りの髪の乾かし方に、問題点が潜んでいるんだそうです。
髪の毛が、ある程度以上、長い状態だと、タオルドライだけでは、どうしても、頭皮付近まで、しっかりと乾かすことができません。
そんな時には、みなさんドライヤーを使っていると思いますが。 そのドライヤーのかけ方に問題があるんだそうです。
それは、早く乾かしたいということで、ドライヤーの設定を、高温にして、ドライヤー送風口を髪や頭皮に近づけて乾かすことなんだそうです。
こういう高温で、乾かすという行為をしていると、髪が傷んでしまって、パサつく原因になってしまうんだそうです。
また、面倒くさがって、生乾きの状態で放置してしまうことも、問題なんだそうです。
生乾きの状態でいると、頭皮部分に雑菌が繁殖してしまって、臭いやべたつきの原因になってしまうんだそうです。
ということは、これらを、毎日のお風呂上りに、しないようにすれば、いいということになりますね。

髪のダメージをなくす方法

髪のダメージをなくす方法としては、これらのようなことをしなければいいということになりますね。
でも、今使っているドライヤーをそのまま使っているのでは、、これまでと同じことの繰り返しになりかねないということにも。
ということで、スカルプドライヤーなんですね。
このスカルプドライヤーを使うことで、髪の毛を高温ではなく「低温」で、しかも「やさしく」乾かすことが、できるように作られているので、よりダメージが少ない状態で、髪の毛を乾かすことが、できるんだそうです。
また、このドライヤーの優れているところは、ヘッド部分が交換できるようになっていて、頭皮のマッサージケアまで、できるようになっているところなんだそうです。
最近では、育毛剤を使っている人が、増えているといいます。 そんな育毛剤を、より強く、そして早く浸透させることができるヘッドが、付属しているので、そういった意味でも、お勧めなんだそうです。

こちら⇒ヤーマン スカルプドライヤー HC-6T

髪のダメージ トップへ戻る