横手館

横手館

横手館の、江戸時代に創業したっていう、そのたたずまいは、圧巻の一言です。

横手館 > 横手館

横手館

こちらのお宿は、江戸の元禄時代に創業したんだそうです。
大元は、はたごとして、開業をしたんだそうです。
伊香保温泉でも、指折りの老舗旅館なんだそうです。

外観が、すごいんですよね。
木造なんですよね。
木造で、3階建てとか4階建てって、聞いたことが、ないですね。
この旅館は、中に入る前に、外観を堪能すべきです。

エントランスは、エントランスと呼ぶには、ちょっと・・・
純和風の板の間っていうんですか、
きれいにぞうきんをかけた後のように、ぴかぴか。
もう、その昔の旅の風情が、そのままという感じで、いいです。

そしてラウンジが、すばらしく広い。
以前は、大広間として使われていたっていうところで、
そのころは、芸者衆を上げて、どんちゃん騒ぎが行われていた場所を改装したんだそうです。
なんか、その名残が、残っているような・・・

館内を散策してみると、あの「千と千尋の神隠し」の世界のようなたたずまいが、ノスタルジックな旅の気分を盛り上げてくれます。

また、特筆すべきは、お部屋の中ですね。
内装が、凝っているんですね。
このお部屋を作ったときの大工さんの、技術力の高さは、素晴らしいの一言です。
さらに、すごいのは、お部屋の内装が、それぞれ、違うっていうところ。
同じ内装のお部屋がないって、すごいデザイン力ですよね。
内装を見るだけでも、宿泊する価値があるかもしれないです。

温泉は、伊香保温泉特有の「黄金の湯」。
茶褐色のお湯は、濃いイメージなのですが、入ってみると、サラッとしていて、肌に良くなじむんですね。
また、湯船も、温泉色の茶褐色に染まっているので、見るからに効果がありそうです。
特に、女性には、おすすめっていうのも、分かる気がします。

おもてなしも最高なので、一度、泊まるべきお宿ですね。

 こちら⇒伊香保温泉 横手館

横手館 トップへ戻る